2012年10月20日

住吉大社ジオラマ制作「土俵」完成

住吉大社ジオラマ制作「土俵」完成

住吉大社 土俵

宝之市神事の奉納行事である、いよいよ明日に控えた

「近畿高等学校招待相撲大会」や「西日本学生相撲大会」の会場、

また大相撲春場所時は立浪部屋が境内に宿舎を構え、

この土俵を稽古場として使用しています。



能登国羽咋神社(石川県羽咋市川原町)、

上野国土師神社(群馬県藤岡市本郷)とともに

「日本相撲三辻」の一つに挙げられる。

※相撲辻とは、屋外に土壇で築かれた神事相撲

(勧進相撲・奉納相撲)が行なわれる場のこと。
posted by sumitetu at 19:36| Comment(0) | 住吉大社ジオラマ製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。